外国株を買うと税金はかかるの?

株式投資は、国内企業への投資の他にも、海外に拠点がある株式会社へ投資することができます。
買い方等は、各証券会社によって異なります。
外国株を購入した場合、購入自体に税金はかかりません。
税金がかかるケースは、「利子・配当・売買益」です。

まず、売却益についてご紹介します。
保有している株を売却し利益が出た場合、国内同様に20%の税金がかかります。
多くの場合、租税条約に基づき、外国で課税されず日本で課税されるようになっています。
仮に、租税条約を締結していない国に投資している場合は、2重課税となってしまいますので、確定申告することで外国税額控除を受けることができます。
ただし、非課税取引を使っている場合は確定申告ができませんので、外国税額控除制度の利用は認められていません。

次に、配当金です。
配当金の税金は非常にややこしいため、きちんと整理しておく必要があります。
原則として、国内では20%の税金がかかります。
また、海外現地でも10%程度の税金が徴収されます。

しかし、香港株式の場合、配当金に対して現地で課税はなく、国内で20%の税金が課税されます。
現地で課税された場合、外国税額控除制度を利用することができます。
外国税額控除制度とは、二重課税を防ぐために設けられた制度で、外国で納めた税額を一定額の中で、国内の税金から差し引き、相殺する制度です。
控除しきれなかった場合は、翌年以降3年間の繰越が認められています。

外国株を購入した時点では、税金は一切かかりません。
そのため、投資に必要な額を増やさなければならないという事態は避けられますが、配当金など利益が出た場合はその限りではありません。
儲けが出ても税金が取られてしまいますので、覚えておくとよいでしょう。